文庫本が出た!『スカラムーシュ・ムーン』 海堂尊をまとめてみた結果!

おススメ本

文庫本が出た!『スカラムーシュ・ムーン』 海堂尊をまとめてみた結果!

【感想】『スカラムーシュ・ムーン』海道 尊 著

海道尊の本の中で、かなり面白い本だと思います。

彦根新吾先生の運が良さが光ります。


そしてシオンや、今回のヒロイン名波まどかは魅力的なんです。


この物語で、チームバチスタは一度終息をするのだと思います。

そんな大事な一冊です。

今度はいつこのメンツ達と出会えるのでしょうか。。。。。

あらすじは、
今回のヒロイン、ナナミエッグの社長の娘(名波まどか)は、文系の大学院生です。

このお話の中で、彼女と二人の幼馴染達は、ワクチン戦争に巻き込まれてしまいます。

ヒロインは、インフルエンザワクチン作りのために、有精卵を作るのですが、

政治の世界と医療の世界がせめぎ合い、

そこでも、紆余曲折を繰り返し、さらに、いつもの海道尊ワールドが繰り返されながら、チームバチスタの流れが、混沌の世界から抜けていきます。

どうぞ読んでみてください^^


新型インフルエンザ騒動で激震した浪速の街を、新たな危機が襲う。今度は「ワクチン戦争」が勃発しようとしていた──霞が関の陰謀を察知した異端の医師・彦根新吾は、ワクチン製造に必要な鶏卵を求めて加賀へ飛び、さらに資金調達のために欧州へと旅立つ。果たして、彦根が挑む大勝負は功を奏するのか? 浪速の、そして日本の医療の危機を救えるのか。

出典 http://www.amazon.co.jp


1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ