夏休み 読書感想文におススメ『空飛ぶタイヤ 』をまとめてみました

おススメ本

夏休み 読書感想文におススメ『空飛ぶタイヤ 』をまとめてみました

【感想】『空飛ぶタイヤ』 池井戸潤 著

この本を読んでいたら、電車で降りようと思っていた駅を乗り過ごしてしまいました。。。。。

心にどっしりと響く本です。

この本は、夏休みの読書感想文に良いのではないかなと思います。


走行中にトレーラーのタイヤが外れて、小さい男の子の手を引いていたお母さんが被害にあってしまいます。残された夫の悲しい心の叫びから物語は始まります。

主人公の赤松徳郎は、そのトレーラーを運転していた従業員の会社の社長です。

事故後には、赤松家に数多くの試練が乗りかかってきます。

こんな人生の選択のしかたがあるんだ。

という人生を試されているかのようなお話です。

ちょっとページ数は多いですが、スリリングであっという間に読めてしまいます。

どんなところで働きたいか?

そんな問題提起が出来そうです。


1

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ