重松清の「たんぽぽ団地 」についてまとめてみました!

おススメ本

重松清の「たんぽぽ団地 」についてまとめてみました!

改題して文庫が出ました!『たんぽぽ団地の秘密』

新聞広告で、重松清の作品の中でみんながハッピーエンドって書いてあった?気がします。

そんなことは書いていなくても読んでいたのですが、気になりますよね。

それにたまには安心してハッピーエンドの世界に浸ってみたくなりますよね。

この小説SFなんです。時空を超えちゃうんです。

・・・で、昔描いた夢が叶ってしまうシーンもあって。
いかにも楽しそうと思われますが、

最初は、

住民が少なくなって取り壊される団地の問題。
高齢の一人暮らしの親をどうするのか?
お受験で奇跡的に合格した私立小学校で、巧妙ないじめにあう息子の問題。
生意気だと仕事や人気の無くなってきている子役の女の子。
主役のオーラのなかった子役少年の悩み。

こんなに重そうなテーマがたくさん盛り込まれています。

これがどうやってハッピーエンドになるんだ?

段々ページ数が少なくなっていくのに何も解決していないし・・・。

ですが、

流石、重松清さんの作品です。

この本は期待を裏切りません。

取り壊しが決まった団地に暮らす祖父を訪ねた六年生の杏奈。そこはかつてドラマ『たんぽぽ団地のひみつ』のロケ地だった。夢の中で主演の少年、ワタルくんに出会ったことをきっかけに、杏奈と祖父、そして住民たちは、団地をめぐる時空を超えた冒険に巻き込まれて──。大人たちが生きた過去への憧憬と、未来へ向かう子どもたちへの祝福に満ちたミラクルストーリー。『たんぽぽ団地』改題。

出典 http://www.amazon.co.jp


1

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ